トップ

学校の規則に関する情報

新着情報

学校におけるカーストとは

最近耳にするようになった「スクールカースト」という言葉ですが、学校の中で上下関係があり、しかもインドの階層制度のように固定していることからこう呼ばれるようになったものです。アメリカでは以前から「ジョック」「ナード」などといって、見た目や学歴などから、学内での階層化が存在しました。これは、「キング」はアメリカンフットボール部、「クイーン」はチアリーディング部、といったように属する部活動などによって固定化され役割分担されるという、日本人から見れば分業化が進んだアメリカらしいものです。これに対し、日本の学校では部活動だけでなく、主にコミュニケーション力によってこれが決まって行くという図式があると主張する社会学者もいます。

体育館のボール

スクールスカートについて

スクールカーストとは、学校生活において、生徒たちの間で自然発生してしまう、人気の度合いを表す序列を、身分制度に例えたものです。少人数でのグループによる狭い交友関係が築かれるという場合が多く、そのグループの中で序列が発生しやすくなります。一般的に、恋愛経験や容姿、ファッションセンス、場の空気の読み方など、コミュニケーション能力の高さによって序列が付けられますが、学校では、友達の意見に合わせる、といったコミュニケーション能力はあまり重要視されることはなく、自分の意見を押し通す、といった強引なコミュニケーション能力を持つ者が、スクールカースト上では上位の立場になるとされます。

© 学校内での生徒のランク. All rights reserved.